朝日特許沿革

 1993年7月に2名でスタートした後、顧客企業から高い評価を頂き、ご依頼案件の増加とともに増員して1年後には10名を超えました。その後、順調に成長を続け現在に至っています。2008年1月から法人化し、特許業務法人 朝日特許事務所として新しいスタートを切りました。
 首都圏直下型地震などの災害が予想される昨今、BCP対策を強化し、データの多重バックアップやヘルメット・保存食などの防災準備を整えて参りました。そして、2012年10月に皇居や気象庁に隣接する堅牢の地へとオフィスを移転しました。

1993年 中央区京橋に2名で設立
1995年 2年ほどで所員数10名に成長
1997年 所員数が増えオフィスを移転
2008年1月 特許業務法人 朝日特許事務所として新たなスタート
2012年10月 皇居・気象庁に隣接する堅牢の土地へオフィスを移転