特許

特許 ~事業活用が肝~

1.活用シーンを想定した戦略のご提案

 特許は、ただ権利をとればよいということではなく、どのように活用するかがカギです。朝日特許事務所では、活用シーンを想定して特許出願の内容を戦略的に考え、お客様にご提案しています。
 特許出願に慣れていない企業様であっても全く心配はありません。ご一緒に出願ポイントを検討し、必要に応じて、先行技術調査を行って出願の是非もわかりやすく解説します。
 海外に生産拠点があったり、販売先をお持ちのお客様にあっては、業務内容に応じた海外出願戦略をご提案し、提携する各国の現地法律事務所との密接な協力関係の下、低コストで強力な権利を取得します。

2.発明の抽出

 弊事務所の特徴のひとつですが、特許事務所に依頼するための資料が整っていなくても大丈夫です。企業様の社内資料、プレゼン資料、企画書あるいは現物から魅力ある発明を抽出して特許出願書類を作成します。長年培われた発明抽出の技を持つスタッフが、最も有利な発明概念をディスカッションをしながら導いていきます。

 良い特許をとるためには、特許出願書類の内容はもちろん、発明者様に内在しているユニークなアイデアを抽出することが重要と考えています。さらに、この抽出作業を、技術開発の段階に応じて行います。例えば、開発の初期段階では、ブレーンストーミング形式で自由闊達な議論の中から有望なアイディアの抽出を行い、より広い権利の早期取得を狙います。また、開発が進んだ段階では、技術の実装に関連した具体的工夫や次世代技術の展望に着目し、他社が避けては通れない部分の権利化を目指します。